軽度認知症相談

MCI( Mild Cognitive Impairment ) 軽度認知障害のご相談

 MCIとは、認知症の前段階のことで軽度認知障害といいます、日常生活ではあまり支障とならないために受診軽視しやすいようです、しかし治療により認知症を遅らせることが出来ます。


軽度認知障害(MCI)の5つの条件
 1.本人および家族から記憶障害の訴えがある
 2.年齢や教育レベルだけで説明できない記憶障害がある
 3.日常生活は普通にできる
 4.全般的な認知機能は正常
 5.認知症ではない


軽度認知障害(MCI)の臨床的な定義
 ◆ 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
 ◆ 客観的に1つ以上の認知機能(記憶や見当識など)の障害が認められる
 ◆ 日常生活動作は正常
 ◆ 認知症ではない


 
ADLの障害
<日常生活動作>
アルツハイマー病
によるMCI
アルツハイマー型
認知症
基本的ADL(食事や入浴、トイレ、着替えといった最低限必要となる動作) 正常障害あり
手段的ADL(買い物や家事、金銭管理など何かをするための少々複雑な動作)
例:バスや電車を利用できない
障害あり障害あり
発症後の経過 適切な治療介入ができれば、認知症の発症を遅らせることが可能 症状の進行を遅らせることはできるが、完全に治すことはできない


診療科案内
よろず外科
一般内科
糖尿病専門外来
泌尿器科
内科脳神経外科
健康診断
予約いらず健診
フオローアップ外来

メディアカルフィットネス

介護のご案内

スタッフ募集

診療時間案内
上図クリックで詳細表示します

代診休診の案内

ページトップへ